亞洲惑星 華流Special【華流ニュース】
Home HUaliu News Special Present Community Downdoad Link
 
華流イケメンスター徹底紹介!
リウ・イエ
ホァン・シャオミン
チェンクン
フー・ビン
ルー・イー
ルイス・クー
リー・ヤーポン
ピーター・ホー

最新の記事10件
カテゴリー別
月別記事一覧
記事の検索

MAXAM
武侠スペシャル
大旗英雄伝(たいきえいゆうでん)
北京バイオリン DVD Special Site
亞洲惑星 TVB Special!
【MAXAM 『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』オフィシャルウェブサイト】
 
チェン・クン 映画『龍門飛甲(原題)』
 
2011.02.10 Thursday



ツイ・ハーク監督の、世界初の試みとなる3D武侠映画龍門飛甲(原題)』に出演しているチェン・クン(『雨のシンフォニー』『さよならバンクーバー』)。
500カットを超えるアクションシーン、ワンカット41回ものNGや6時間に及ぶクレーンに吊るされたままの撮影など、数々の記録的な数字を叩きだした彼ですが本格的な武侠アクションへの挑戦は、彼の経歴の中では初めてでした。それゆえキャストの中でも最も早い、クランクインの8ヶ月も前からトレーニングに励んでいたそうです。更には105日間の撮影期間中、1日も欠かさずに毎日1時間以上鏡に向かって武術の練習を怠りませんでした。
乗馬シーンの撮影の際、落馬してしまうというハプニングにも見舞われましたが、彼が入念に行っていたトレーニングと冷静な対応のおかげでケガも無く、大事故とならずにすみました。ツイ・ハーク監督もこれには驚きの色を隠せなかったようで、「あのときのチェン・クンの落ち着き払った対応には驚かされたよ。彼がやってきた過酷なトレーニングは無駄ではなかったね。」と語りました。
このようにヒヤリとする場面もありましたが、その後もチェン・クンはアクションシーンや乗馬シーンをスタントなしで自らこなし、最後まで完璧な演技を見せつけました。
「こういうことが起こるってことは撮影に入る前から予想がついていたし、別に何にも驚かなかったよ。」とクールに語るチェン・クン。さすが、超期待の新人“武侠”俳優ですね。
 

http://news.hualiu-special.jp/trackback/1061241
 
(C)2006 MAXAM INC. ALL RIGHTS RESERVED