亞洲惑星 華流Special【華流ニュース】
Home HUaliu News Special Present Community Downdoad Link
 
華流イケメンスター徹底紹介!
リウ・イエ
ホァン・シャオミン
チェンクン
フー・ビン
ルー・イー
ルイス・クー
リー・ヤーポン
ピーター・ホー

最新の記事10件
カテゴリー別
月別記事一覧
記事の検索

MAXAM
武侠スペシャル
大旗英雄伝(たいきえいゆうでん)
北京バイオリン DVD Special Site
亞洲惑星 TVB Special!
【MAXAM 『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』オフィシャルウェブサイト】
 
ルー・イー主演の最新ドラマ『掩護(原題)』が完成!
 
2011.01.28 Friday






上から、『三国志』、『線人(原題)』、『掩護(原題)』の一場面


恋愛ドラマなどで活躍し、“正統派イケメンスター”としてのイメージが強いルー・イー(『雨のシンフォニー』)ですが、2010年はそんな彼にとって大きな挑戦の年でした。
ドラマ『三国志』で演じた、頭脳明晰な名軍師・諸葛孔明、そして香港映画『線人(原題)』で演じた、したたかで狡賢い反動組織のリーダー。この二つは、去年彼が演じた役柄の中でも特に対照的だったのと同時に、彼の今までのキャリアの中でも明らかに異色なものでした。

そして現在はドラマ『掩護(原題)』で、単身国民党の情報機関に乗り込む諜報部員・高志華を演じているルー・イー。
今月上旬、この作品が正式に完成したとの発表がありました。ルー・イーは「高志華という人物は、もともとは気の弱い、ただの機密を扱う秘書の一人でしかなく、諜報部員としての特別な訓練なんかも受けてない。けれど彼は周りの人からの援護のもと、次第に石のように固い志と不屈の精神、そして愛を持ったヒーローのような諜報部員として成長を遂げていくんだ。」と語りました。“今までのイメージとのギャップは?”という問いには「確かに今までは現代劇で演じることが多かった。やっぱり視聴者からもそういうイメージが強いっていうのも仕方が無いよね。でもこの作品では、今まで演じてきたような役とはまったく違う、高志華という人物の心の中をうまく表現し、演じきれた自信を持っている。僕のイメージチェンジは成功!」と、笑顔で答えました。

一旦できあがってしまったイメージというものを壊していくというのは、並大抵の努力では成し遂げられるものではないでしょう。しかし2011年も引き続きイメチェン計画を実行し、様々な顔を見せてくれるであろうルー・イーの活動の行方から、目が離せませんね!
 

http://news.hualiu-special.jp/trackback/1061239
 
(C)2006 MAXAM INC. ALL RIGHTS RESERVED