亞洲惑星 華流Special【華流ニュース】
Home HUaliu News Special Present Community Downdoad Link
 
華流イケメンスター徹底紹介!
リウ・イエ
ホァン・シャオミン
チェンクン
フー・ビン
ルー・イー
ルイス・クー
リー・ヤーポン
ピーター・ホー

最新の記事10件
カテゴリー別
月別記事一覧
記事の検索

MAXAM
武侠スペシャル
大旗英雄伝(たいきえいゆうでん)
北京バイオリン DVD Special Site
亞洲惑星 TVB Special!
【MAXAM 『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』オフィシャルウェブサイト】
 
ルー・イー 夫婦でリアリティ番組に出演
 
2014.01.31 Friday
JUGEMテーマ:ニュース

旧暦で正月を祝う風習の残る中国では今日(131)が元旦にあたります。日本と同様家族で年越しをするのが習わしですが、様々な事情で故郷に帰ることができない人たちもいます。そんな人たちの帰郷を“オーダーメイド”すべく、リアリティ番組「私人訂製(=オーダーメイドの意)」が、故郷までの飛行機代を負担する、というキャンペーンを行いました。126日までの期間中に10万人が応募し、365枚の航空券を提供。「私人訂製」は216日から放送予定で、全国から一般参加者を募り、その夢の実現を応援する、という内容です。今回の活動は、放送開始に先駆け“北漂族”と呼ばれる北京で暮らす地方出身者たちの帰郷の夢を叶えるべく開催されました。
ルー・イーは、「私人訂製」にゲストとして出演予定で、今回の活動にも、プレゼンター役として参加。共に番組に出演予定の妻バオ・レイは、以前は女優として活動していましたが結婚・出産を機に主婦業に専念。ここ数年は公の場に姿を現すことはとても珍しいそうです。2人の仲睦ましい姿も楽しみですね!

 
 

ルー・イー 主演最新映画『一八九四‐甲午大海戦(原題)』
 
2011.04.15 Friday



1894年9月、日本海軍連合艦隊と清国海軍北洋艦隊との間で繰り広げられた“黄海海戦”は、日清戦争のその後を大きく分ける戦いとなりました。
この海戦を背景にした映画『一八九四-甲午大海戦(原題)』の中で、ルー・イー(『雨のシンフォニー』)は清国海軍将校の世昌として主演。頭を完全に丸めたルー・イーは、今までの“爽やかイケメン”のイメージを大きく覆すスタイルを披露しています。
ちなみに、日本の連合艦隊司令長官・伊東祐享中将役として出演しているシア・ユイ(『再見 また逢う日まで』)は、日本語のセリフに日々悪戦苦闘しているとのこと。しかし、日本語ができる共演者からはシア・ユイの記憶力と語学学習能力の高さには目を見張る物がある、と高評価。
北京の撮影所で目下撮影中の本作、仕上がりが楽しみですね。

 

ルー・イー主演の最新ドラマ『掩護(原題)』が完成!
 
2011.01.28 Friday






上から、『三国志』、『線人(原題)』、『掩護(原題)』の一場面


恋愛ドラマなどで活躍し、“正統派イケメンスター”としてのイメージが強いルー・イー(『雨のシンフォニー』)ですが、2010年はそんな彼にとって大きな挑戦の年でした。
ドラマ『三国志』で演じた、頭脳明晰な名軍師・諸葛孔明、そして香港映画『線人(原題)』で演じた、したたかで狡賢い反動組織のリーダー。この二つは、去年彼が演じた役柄の中でも特に対照的だったのと同時に、彼の今までのキャリアの中でも明らかに異色なものでした。

そして現在はドラマ『掩護(原題)』で、単身国民党の情報機関に乗り込む諜報部員・高志華を演じているルー・イー。
今月上旬、この作品が正式に完成したとの発表がありました。ルー・イーは「高志華という人物は、もともとは気の弱い、ただの機密を扱う秘書の一人でしかなく、諜報部員としての特別な訓練なんかも受けてない。けれど彼は周りの人からの援護のもと、次第に石のように固い志と不屈の精神、そして愛を持ったヒーローのような諜報部員として成長を遂げていくんだ。」と語りました。“今までのイメージとのギャップは?”という問いには「確かに今までは現代劇で演じることが多かった。やっぱり視聴者からもそういうイメージが強いっていうのも仕方が無いよね。でもこの作品では、今まで演じてきたような役とはまったく違う、高志華という人物の心の中をうまく表現し、演じきれた自信を持っている。僕のイメージチェンジは成功!」と、笑顔で答えました。

一旦できあがってしまったイメージというものを壊していくというのは、並大抵の努力では成し遂げられるものではないでしょう。しかし2011年も引き続きイメチェン計画を実行し、様々な顔を見せてくれるであろうルー・イーの活動の行方から、目が離せませんね!
 

ルー・イーが香港刑事アクション映画に出演!!
 
2010.07.30 Friday


ルー・イー(『雨のシンフォニー』)が出演する新作香港映画「線人(原題)」の予告篇が中国にて公開され、メディアの注目を浴びています。

本作の主演は、この作品の役作りのために、バッサリと髪を切り、スキンヘッドで挑んだニコラス・ツェー<謝霆鋒>(『プロジェクトBB』『インビジブル・ターゲット』)。グイ・ルンメイ<桂綸鎂>(『言えない秘密』『遠い道のり』)とのキスシーンに話題が集まっていますが、他にもニック・チョン<張家輝>(『コネクテッド』)、ダンテ・ラム<林超賢>(『スナイパー』)など豪華な顔ぶれが話題の刑事アクション映画です。

ルー・イーは、反動グループの頭目として警察と対抗する役を演じています。以前から香港の刑事アクション映画のファンだったというルー・イーは、『夜幕下的哈爾濱(原題)』でもガンアクションを経験していましたが、本作では、更に激しい銃撃戦を演じ、挑戦しがいがあった、と語りました。
「三国志(原題)」で見せている風格から俳優としての評価が高まっているルー・イー。歴史ものや現代ラブストーリーだけでなく、刑事ガンアクションもの等、幅広い役柄を演じられるスターとして、更に我々を楽しませてくれそうですね!
 

ルー・イー 中国貧困者扶助基金会 栄誉賞受賞!
 
2010.07.06 Tuesday


ルー・イー(『雨のシンフォニー』)が先月、慈善基金機関の発起人として、中国貧困者扶助基金会より、栄誉賞を贈られました。同時に、2008年に四川大地震の被害にあった子供達から、数十通の感謝の手紙を受け取りました。

四川省の中学生からの手紙には、地震で全てを失ってしまった彼らが、この一年を通して、どのように生活条件が整ったかについての詳細と、ルー・イーへの大きな感謝の気持ちが綴られていました。

慈善活動をするスターは自らの宣伝のために、募金をしているのではないか?と疑われがちですが、ルー・イーは、スターは社会への影響力が大きいため、率先して慈善活動を行うべきだと語り、より多くのスターにも活動に参加して欲しいと呼びかけました。

ルー・イーは、これまで芸能界を代表して、自ら行動を起こし、何度も被災地を訪れて救援物資を送ったり、事務の仕事を親身になって手伝ってきました。今回、多くの感謝の手紙を受け取り、その嬉しさを被災地の子供達にすぐ伝え、今後も多くの人が慈善活動に参加するよう願っていると語りました。
 

ルー・イー、ジョウ・シュン出演の映画「孔子」中国で春節ロードショー!
 
2010.02.03 Wednesday




先月22日から、中国でのロードショーが始まった映画「孔子」。製作費1.5億元(約20億円)のこの大作は、儒教の租である孔子の物語。孔子を演じるのは、中華圏を代表する大スターのチョウ・ユンファ。彼はこの役のためにダイエットで大幅に体重を落として臨みました。

ルー・イーが演じるのは、孔子が生きた中国、春秋時代の魯(ろ)の国の有名な政治家・季康子。孔子に政治のあり方を問う非常に重要な役どころです。ルー・イーの出演により、作品にはより深みが増しているともっぱらの評判だとか。『雨のシンフォニー』では、爽やかな御曹司役がとても印象的でしたが、ここ数年は「三国志」の諸葛孔明役など、歴史上の人物を演じることも非常に多くなり、演技派俳優の名にふさわしい、中国を代表するスターになりました。

そして、衛霊公の夫人・南子を演じるのは、ジョウ・シュン。南子はその美しさだけでなく、多彩な男性関係でも有名だったといいます。『射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)』ではボーイッシュで可憐な魅力が光っていましたが、最近は映画「画皮」で見せた妖怪役など、男性を魅了する役も似合う大女優になりました。

今年の春節は2月14日ですが、中国では春節の休暇に「孔子」を見に行く人も多いと予想されています。そして今、中国では「孔子」が全世界で大ヒット中の「アバター」に対抗できるかが、大きな話題となっています。
日本でも是非見てみたいですね!
 

ルー・イー主演ドラマ『我的青春誰做主(原題)』が中国で高視聴率
 
2009.05.07 Thursday




ルー・イー(『雨のシンフォニー』)主演の青春ドラマ『我的青春誰做主(原題)』(直訳:私の青春は誰のもの)が、中国のゴールデンタイムに放送され、視聴率が9.8%と大変好調な成績をあげています。中国では、年間視聴率第一位の作品が8%前後であることから考えても、これは非常によい成績といえます。

この作品は、家庭教育問題がテーマとなった作品。ルー・イー扮する主人公が、事業で成功するものの、若かった時に犯した間違いがトラウマとなり、本当の喜びをなかなか感じることができずにいるという設定。お金持ちで人にもとても優しい青年を演じているため、このドラマを見た世の母親達は、お婿さんにしたいと感じてしまうそう。

また同じくルー・イー主演の『夜幕下的哈爾濱(原題)』(直訳:夜の帳が下りたハルピン)も、午前中に三話ずつ再放送されています。これら二つのドラマでのルー・イーの演技は共に素晴らしく、役者としてのルー・イーの評価がますます高まっているとのこと。

先日は、「好きな慈善スター」にも選ばれ、国民的な人気も高まっているルー・イー。中国を代表する俳優として、これからも益々頑張って欲しいですね!


 

ルー・イー「好きな慈善スター」に選ばれる
 
2009.03.18 Wednesday





先日、上海慈善基金、上海市精神文明とSMGによる共同主催の第三回“新娯楽慈善オールスターの会”上海大劇院で開かれ、ルー・イー(『雨のシンフォニー』)とリン・チーリン(『レッドクリフ』)が招かれました。

今回の企画は、被災地区の子供達が「最も好きな慈善スター」を選ぶというもの。地震後、すぐに15万人民元(約250万円)を被災地区に寄付したルー・イーは、独自の慈善基金機関を発足させ、貧しい子供達のため奨学金を集める活動にも尽力しています。

今回の投票は、四川大地震の被害の大きかった汶川、青川、徳陽などの十箇所の教育行政機関により行われました。
被災地区の子供達は、ルー・イーの参加を願い「親愛なるルー・イーお兄さん、昨年5月に来てくれてテントを張ってくれ僕達に暖かい家を作ってくれましたね。また会いたいです。」という内容の手紙を送ったそう。

手紙を受け取ったルー・イーは、大型ドラマ『三国志』の諸葛孔明役で多忙な合間をぬって、特別に休みをとり駆けつけたとのこと。このドラマ撮影はとても順調に進んでいるようです。完成がとっても楽しみですね!
 

ルー・イー 北京オリンピックへの思い
 
2008.07.31 Thursday



あと8日で、ついに北京オリンピック開幕ですね!
今回は、ルー・イー(『雨のシンフォニー』)へのオリンピックに関するインタビューを簡単にご紹介します。

質問:オリンピックのチケットは買いましたか?

いいえ。ドラマ撮影があるから見に行けないので、テレビでゆっくり楽しみます。

質問:一番楽しみな競技は?

バドミントンと卓球です。世界チャンピオンの王皓と陳玘はとても仲のいい友達で、先日卓球ラケットをプレゼントしてくれました。ゴムの部分も手作りで出来ている特別なタイプで、よく取り出して眺めています。

質問:好きなアスリートは?

体操王子とも言われた李寧。引退後にビジネスの世界でも成功している彼は素晴らしいと思います。

質問:好きなスポーツは?

好きなスポーツはバドミントン。よくやっているから結構得意です。身体にいいだけでなく、頭の回転の速さや瞬発力、弾力性も求められるから楽しいんだ。

質問:オリンピックに仕事で参加しますか?

オリンピックの各会場を紹介している宣伝用のショートフィルムを撮影しました。

質問:オリンピックに期待していることは?

中国が進歩したということ、そして中国人のスピリットを世界の人々にわかってもらいたいです。


☆次なる新作ドラマ『三国志』諸葛孔明役での主演が決定しているルー・イー。ますます素敵に輝いて欲しいですね!☆



 

ルー・イー新作ドラマ『三国志』で諸葛孔明役に!!
 
2008.06.27 Friday



ルー・イー(『雨のシンフォニー』)が、撮影完了した新作ドラマ『蘇東坡(原題)』の宣伝を上海で行いました。中国北宋時代の政治家であり、書家、詩人でもある文学巨匠の蘇東坡役を演じ終えたルー・イーはうっすらと口ひげを生やし、古代の文人の風格が漂っていると現地メディアは伝えています。

そして今回、18才から66才までの波乱の一生を演じ切り、大役のプレッシャーを乗り越えたルー・イーに、次なる新作ドラマ『三国志』の諸葛孔明役での主演が決定しました!!

この撮影は北京で約10ヶ月かけて行われるとのこと。役柄研究のために、ルー・イーは専門家から諸葛孔明の性格や日常生活について聞くなどの準備をしているそう。『三国志』では、青年、中年、老年の三世代を演じることになるルー・イー。「中年、老年時代を演じるのが一番プレッシャーだね。早い段階でこの時代を演じるための準備を始めるつもりです。」とその抱負を語りました。

このドラマ『三国志』に、各メディアからの大きな関心が寄せられています。ルー・イーの諸葛孔明。カッコいいでしょうね!とても楽しみです!
 

 
(C)2006 MAXAM INC. ALL RIGHTS RESERVED