亞洲惑星 華流Special【華流ニュース】
Home HUaliu News Special Present Community Downdoad Link
 
華流イケメンスター徹底紹介!
リウ・イエ
ホァン・シャオミン
チェンクン
フー・ビン
ルー・イー
ルイス・クー
リー・ヤーポン
ピーター・ホー

最新の記事10件
カテゴリー別
月別記事一覧
記事の検索

MAXAM
武侠スペシャル
大旗英雄伝(たいきえいゆうでん)
北京バイオリン DVD Special Site
亞洲惑星 TVB Special!
【MAXAM 『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』オフィシャルウェブサイト】
 
リー・フェイエル、ジョセフ・チェンが台湾アイドルドラマで共演!
 
2010.07.22 Thursday


鹿鼎記』でホァン・シャオミン<>(『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』『龍票』)の7人の妻のひとり・曾柔(そう・じゅう)役のを演じたリー・フェイエル<李菲兒>。

今年のカンヌ映画祭では、コンペティション部門にノミネートされた唯一の中国映画で、ファン・ビンビン<范冰冰>(『墨攻』『新宿インシデント』)主演の『日照重慶(原題)』にも出演し、カンヌ映画祭にも背中の大きく開いたセクシーなドレスで登場し、その美しさで多くのメディアの注目を集めました。

一時は共演したホァン・シャオミンと恋の噂もあったフェイエルですが、
新作となる台湾アイドルドラマ『歓迎愛光臨(原題)』で、ジョセフ・チェン<鄭元暢>(『イタズラなKiss』『ハチミツとクローバー』)の相手役を演じることが決定しました!
シャオミンの出身地である青島にてロケが行われており、メディアの関心も耐えないなか、初キスシーンにも挑戦する予定だとか。

フェイエルの役は、母の借金返済のため苦労してコンビニで働いている女の子。ジョセフ扮するフォトグラファーに出会ってから、醜いアヒルの子が白鳥のように変身してゆくというラブストーリー。どんなドラマになるのでしょう?完成が楽しみですね!!

 

ハー・ジュオイェン 最新出演戦争ドラマ!
 
2010.07.14 Wednesday


鹿鼎記(ろくていき)』でのキュートな双児(そうじ)役以降、人気が急上昇し大活躍中のハー・ジュオイェン<何琢言>。
その後、好評発売中の『大唐游侠伝(だいとうゆうきょうでん)』や、金庸原作武侠ドラマ『倚天屠龍記(いてんとりゅうき)』や新版『西遊記(さいゆうき)』等、大型ドラマへの出演が続いていますが、ワン・ルオヨン<王洛勇>(『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』)との共演で、最新の出演作である『拯救女兵司徒慧(原題)』がクランクアップし、その放送が待たれています。

本作は1949年の新中国成立直前に繰り広げられた国民党との抗争を描いたドラマで、女兵士役に抜擢されたジュオイェンにとっては初の戦争ドラマ。
戦争中の雰囲気を出すために顔を炭で黒く塗ったり、血のりを用いたり、早朝から深夜に渡る撮影が続き苦労したそう。
主演のワン・ルオヨンは激しい撮影のため、3キロも体重が落ちたとか。
キュートな印象が強いジュオイェンですが、戦争ドラマの女兵士役ではどんな顔を見せてくれるのでしょう?楽しみですね!!
 

『鹿鼎記』 7人の妻のひとり、フー・カー
 
2009.09.11 Friday


マクザムドラマ『鹿鼎記(ろくていき)』で、7人の妻のひとり、蘇荃(そ・せん)を演じているフー・カーをご紹介します。フー・カーは洪安通(こう・あんつう)の妻でもある蘇荃を大人っぽい魅力たっぶりに演じていました。

プロデューサーのジャン・ジージョン(『射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)』、『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』『天龍八部(てんりゅうはちぶ))も、彼女の魅力を「フー・カーは非常に艶やかで、その成熟した優美さは、私が心に描く蘇荃役にぴったり。衣装も彼女の艶やかさが生きるようなものを特別に選んだ。」と語りました。

フー・カーは、映画「聊聊(原題)」に出演したことで、2002年の第9回大学生映画祭にて最優秀女優賞を受賞。2008年には、中国の1930年代を描いたドラマ「紅幡(原題)」への出演で、ニエ・ユエン(『雪山飛狐(せつざんひこ)』)と共演し、その演技が幅広く認められ、“国内で最も人気のある女優”第一位にも選ばれました。

また、女優としてだけではなく、その明るさや機転の利く性格をも生かし北京テレビ、上海テレビ、南京テレビ、天津テレビ、鳳凰衛視テレビなどのバラエティー番組の司会をも務め、その才能を発揮しています。

毎年コンスタントに、様々なジャンルのテレビドラマに出演しているフー・カーの最新作は、チェン・クン(『雨のシンフォニー』『さよならバンクーバー』)との共演となる「胡夢(原題)」。

清朝崩壊後を時代背景に生きる皇族出身である女性の苦悩を巧みに演じ切りました。これからも国民的な人気も高い実力派女優として、ますます期待できる存在です!

☆フー・カー プロフィール☆

生年月日:1975年12月1日
星座:射手座
身長:164センチ
体重:45キロ
卒業:中国傳媒大学(放送科)
 

『鹿鼎記』方怡(ほう・い)役のリウ・ツー
 
2009.08.20 Thursday


マクザムドラマ『鹿鼎記(ろくていき)』で、7人の妻のひとり、方怡(ほう・い)を演じているリウ・ツーをご紹介します。

7人の妻の中でも主人公・小宝(しょうほう)のお姉さま的存在の美女をセクシーに演じていたリウ・ツー。方怡(ほう・い)を演じるにあたり、「方怡は、一見冷たくも見える女性ですが、その優しさがほんのりと香るようなところは、まるでユリの花のよう」と語りました。

北京電影学院を卒業後、1998年のリッチー・レン版『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』では陸無双(りく・むそう)役を好演。
その後、チェン・バオグオ(『漢武大帝』)や、ヴィッキー・チャオ(『夜の上海』『少林サッカー』)、トン・ダーウェイ(「レッドクリフ Part &供廖帽畊舛凌裕げ亮レオ・クー等の大物スターともドラマで共演し、毎年ほぼ一年一作品のペースでテレビドラマに出演する実力派女優です。

1999年〜2000年には、中国大陸でも最高視聴率を獲得したバラエティー番組の司会を務めていた彼女。松下電器や、携帯電話会社、MP3、プリンター会社等のTVコマーシャル出演も多く、その国民的人気の高さが伺えます。

最近は家具や、エコバッグのデザインをも手掛けているリウ・ツー。環境問題にも関心が高く、昔はトンボを追っかけて遊んだのに、そんな風景も近頃は見られなくなってしまいとても残念に思っているそう。
これからも幅広い分野で活躍して欲しいですね!

☆リウ・ツー プロフィール☆

生年月日:11月13日
星座:蠍座
出身:貴州省遵義(じゅんぎ)市
身長:165センチ
体重:45キロ


 

『鹿鼎記』沐剣屏(もく・けんぺい)役のリウ・ユン
 
2009.08.03 Monday


マクザムドラマ『鹿鼎記(ろくていき)』で、7人の妻のひとり、沐剣屏(もく・けんぺい)を演じているリウ・ユンをご紹介します。

湖南省長沙出身の彼女は、11才のとき“一生涯、長沙にいるのはつまらない”と、広州へ行き、広州舞踏学院にて舞踏を学びました。17才で卒業した後は広州の文化宣伝工作団の正式な一員になり、皆が羨む安定した生活を手に入れました。ですが、突然ここでのキャリアをも捨て、北京へ行き中央戯劇学院を受験します。結果は見事合格。その優美な可愛らしさから、在学時はミスキャンパスと呼ばれ、当時よりインターネット上にはファンサイトが出来、またそのマネージメント会社にはファンレターが毎日のように届きました。

中央戯劇学院を卒業後、『大漢天子2(原題)』でホァン・シャオミン(『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』)と共演するなど、大作への出演にも恵まれ、また2007年8月にはアメリカの雑誌〔TIME〕で表紙を飾った彼女。史劇や武侠ものだけでなく、現代ドラマや映画など数々の作品に出演しており、女優は一生涯の仕事であると思っているそうです。
プライベートでは、部屋の装飾を考えるのが大好きだとか。今後の活躍に注目です!

☆リウ・ユン プロフィール☆

身長:165センチ
体重:48キロ
足のサイズ:24センチ
血液型:B型
生年月日:1983年12月26日
特技:舞踏、新体操
趣味:靴を買うこと、食べること、旅行、ゲーム
 

『鹿鼎記』阿珂(あか)役のチェリー・イン
 
2009.07.23 Thursday




マクザムドラマ『鹿鼎記(ろくていき)』で、7人の妻のひとり、陳阿珂(ちん・あか)を演じているチェリー・インをご紹介します。

2000年、当時17才だったチェリー・インは、アメリカのチャイナタウンでの美人コンテストで第二位を獲得。同年に、母親と香港で夏休みを過ごしていた際、友人の勧めで新人中国スターを募るオーディションに参加することになり、好成績を収めたことが、この世界に入るきっかけとなりました。

その後、2001年に映画「フルタイム・キラー」でアンディ・ラウや反町隆史と共演し、アンディ・ラウの「ダンス・オブ・ドリーム」、2002年「アンディ・ラウの麻雀大将」、2004年「柔道龍虎房」に出演するなど、大物スターとの共演に恵まれました。
その後もコンスタントに映画やテレビドラマに出演しています。

昨年は、70年代の純愛ドラマ『我的三十年(原題)』でリー・ヤーポン(『射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)』)と共演を果たしました。この作品は、中国の5大テレビ局共同制作の大型ドラマ。この年代は「純愛年代」とも呼ばれ、再会の約束をした二人の30年に渡る純愛が描かれているとのこと。

11才の時にニューヨークへ一家で移住した彼女は英語や広東語も堪能だそう。
今後の国際的な活躍が期待できますね!

☆チェリー・イン プロフィール☆

青年月日:1983年6月20日
血液型:A型
星座:双子座
身長:170センチ
体重:50キロ
出生地:台湾
原籍:山東省青島
趣味:歌、ダンス、インターネット
好きな色:オレンジ、白、青、黄、赤
好きな食べ物:中華料理、韓国料理、ベーグル、ピザ、ケンタッキーフライドチキン、ウェンディーズ
好きな歌手:マライア・キャリー、ブリトニー・スピアーズ、ジェイ・チョウ

 

『鹿鼎記』双児(そうじ)役のハー・ジュオイェン
 
2009.07.17 Friday


金庸小説の作品中、最も可愛い少女とも言われる『鹿鼎記(ろくていき)』の双児(そうじ)役を演じたハー・ジュオイェンをご紹介します。

名物プロデューサージャン・ジージョン(『射雕英雄伝(しゃちょうえいゆうでん)』『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』)に、演技テストの際、7人の妻のどの役を演じさせてもピッタリだと言わしめたという彼女は、初出演作品が話題の『鹿鼎記』だったこともあり、その天性の可愛さで人気も急上昇。共演したホァン・シャオミンも、「とても機転が利く、アイデア豊富な人」と語っています。
その後は、ジャン・ジージョンに気に入られ、梁羽生原作の「大唐游侠伝(だいとうゆうきょうでん)」や、金庸原作の「倚天屠龍記(いてんとりゅうき)」などの武侠ドラマに立て続けて出演。数々の雑誌の表紙を飾ったり、テレビコマーシャルに出演したりと多忙な日々が続いています。

もともと2005年に中国での人気オーディションテレビ番組「超級女声」に出演し、杭州地区で第六位になったことが、この世界へ入るきっかけだったという彼女。
歌うことがとても好きだそう。
最近は、コメディタッチの青春ドラマ『青春進行時(原題)』で天使のようなビジュアルでありながら、男っぽい性格の女子大生を演じています。
これからの活躍に期待の、大型新人の登場ですね!

☆ハー・ジュオイェン プロフィール☆

生年月日:1988年11月26日
星座:射手座
干支:龍
血液型:AB型
出身校:杭州芸術学校
趣味:歌うこと、ダンス、読書、インターネット、旅行
身長:164センチ
体重:42キロ
好きな食べ物:アイスクリーム、チョコレート
好きな色:ピンク、黒、白、赤
好きな動物:子犬、子猫
好きな役者:ジョウ・シュン
 

ウォレス・チョン 新作ドラマ『内線(原題)』クランクアップ
 
2009.07.03 Friday






大陸での初ラテンダンス映画『闘愛(原題)』に主演し、その演技力や知名度が益々高まってきたウォレス・チョン鹿鼎記(ろくていき)』。彼の新作ドラマ『内線(原題)』がやっとクランクアップし、先日の上海テレビ祭に出品されました。

尤小剛(ヨウ・シャオガン)がエグゼクティブ・プロデューサーを務め、スン・フェイフェイ(『楚留香』)との共演となるこの作品は、戦争時の地下組織の物語。スン・フェイフェイとウォレス・チョンの心理合戦やディープ・キスシーンなど、注目度が高い作品です。

撮影当初におじいさんが他界し、その辛い気持ちを乗り越え今回の役を演じきったスン・フェイフェイ。軍人役を演じるのは彼女のおじいさんのかねてからの希望でもあり、初の試みでもあったので、非常にチャレンジしがいがあったと語りました。
また、大陸出身ではないウォレスの普通話はクランクアップの頃には、北京なまりになるほどだったとか。

二大スターの共演となるこの作品、とても期待できますね!

 

『鹿鼎記』 曾柔(そう・じゅう)役のリー・フェイエル
 
2009.06.23 Tuesday


ドラマ『鹿鼎記(ろくていき)』で主人公の7人の妻のひとり、曾柔(そう・じゅう)役のリー・フェイエルをご紹介します。
2008年にホァン・シャオミン(『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)』『鹿鼎記(ろくていき)』)が“最も人気のある男性芸能人”に選ばれた際、“全国最優秀女性歌手新人賞”を獲得していたのが彼女でした。
歌うことが大好きという彼女は、その後、ホァン・シャオミンから直々にオファーを受けて「什麼都可以(原題)」のMVに出演したことで、メディアに大きく注目されました。

ジャン・ジージョン作品である「鹿鼎記」だけでなく尤小剛(ヨウ・シャオガン)監督の「康煕秘史(原題)」にも出演している彼女。まだ新人ですが、出演作品に恵まれていますね。
多くの素晴らしい先輩達との共演で学ぶことが多く、自分でも非常にラッキーと感じているとか。今後の活躍が非常に楽しみです!

☆リー・フェイエル プロフィール☆

生年月日:1987年10月3日
身長:167センチ
体重:46キロ
本籍:遼寧省
趣味:歌、ダンス、パフォーマンス
モットー:最後までやり抜くこと。

 

『鹿鼎記』 建寧(けんねい)公主役のスー・ツァン
 
2009.06.16 Tuesday


鹿鼎記(ろくていき)』では、建寧(けんねい)公主として、キュートなじゃじゃ馬お姫様を演じているスー・ツァンをご紹介します。

スー・ツァンは、1994年12月中央電視台第1回中日青少年歌手コンテスト銅賞受賞、2002年12月金鷹祭新人コンテストでは最優秀テレビ新人賞、最優秀人気賞、優秀賞を受賞など立派な経歴の持ち主。
2004年、多くの芸能人が卒業していることで有名な北京電影学院の受験を多くの人に勧められ、二次試験まで問題なくパスしたものの、結局演技とは全く関係のない北京第二外国語学院英文科に入学しました。その理由は、どのような俳優も女優も、結局はその知識や教養が物を言うという家族からのアドバイスがあったからだそう。また元々、語学に興味があったことも大きな理由の一つだったとか。

その美しさで数々のテレビコマーシャルにも出演するなど多忙ななか、昨年6月、無事に大学を卒業した彼女。『連城訣(連城訣)ノーカット完全版』『天龍八部(てんりゅうはちぶ)』などのドラマにも出演しています。ぜひチェックしてみてくださいね!

☆スー・ツァン プロフィール☆

本籍:四川省
身長:163センチ
体重:42キロ
血液型:AB
生年月日:1987年12月1日
星座:射手座
好きなスポーツ:サッカー
特技:歌、ピアノ、ダンス
趣味:映画鑑賞、読書、ショッピング
好きな街:上海、北京
好きな食べ物:韓国料理、フルーツ、肉
好きな歌手:フェイ・ウォン、テレサ・テン


 

 
(C)2006 MAXAM INC. ALL RIGHTS RESERVED